• Instagram
電話番号:0576-55-0166

施行事例

CASE 003光を受け入れるくつろ木の家

「老後を豊かに」。住み慣れた家から、新しい住まいに移ることを決断された、高齢のご夫妻。平屋をメインに大屋根とし、勾配を活かした屋根裏を二階として利用する。ポイントは暮らし易さ。バリアフリーはもちろん、和室や居室をいかにリビングと一体化させるかがキーポイントとなった。障子を開ければ、和室もリビングの一角へと早変わり。明るいリビングと聞いてすぐに浮かんだL字型の間取りは、太陽を家全体で受けるように、大きく光を取り込む。木に癒され、光に元気をもらい、ずっと元気な毎日を送って頂きたいという願いを込めている。

お問い合わせささいなことでもお気軽にお尋ねください

ページの先頭へ戻る